個人向けのカードを使ってお金を借りるケースに、どれだけの利子でキャッシングしているか把握しているでしょうか?カードを作るケースに、利息を警戒して、どちらの業者に手続きするか迷う人は多いでしょうが、しかし個人向けのカードを利用するケースでは、大抵の方は何も思わずに「手持ちのお金がないからお金を借りるんだ」と使ってると思います。

返済時にも月にこの額を納めれば良いのではと漠然と支払っている方がほとんどではないでしょうか。

頭の中では利子が上乗せされている事を知っていても、そのことを考えながら返している人は珍しいように思います。

「どこのカードも同じだろう」と考えている人もいると思いますが、少し思い出してみてください。

カードをの手続きする時には、どの消費者金融が利息が良いのか調査したはずです。

中には初めに見つけた業者に届けを出したという方も少ないとは思いますがいるでしょうが、金融会社によって定められた金利は違うのです。

又その利息の幅の違いは数%にも及ぶのです。

なにはともあれ使うなら利率の低い方がリーズナブルなのは当然で、条件さえ揃えば随分低い金利で利用できる企業もあると思います。

ではここで複数社の利息を比較してみます。

消費者金融の会社は約6.3%〜18%の範囲の利率枠となっているはずです。

このような最低金利で2%弱、最高利息だと4%もの開きがあります。

どうでしょう?これほどの差があるなら、やはり利率の低い個人向けのカードローンを使った方が良いのではないでしょうか。

ただし各社申し込みの際の審査内容やサービスに違いが有りますので、理解しておく必要があるでしょう。

貸金業者内には1週間以内に返済できれば無利息で使用できる借り入れする方に嬉しいサービスを提供している所もあり、一時的にしかキャッシングしないで良い時は、そう言う所を選んだ方がお得です。

  • Copyright © 2012 www.hn-sound.info All Rights Reserved.