昔から私は大のコーヒー好きで、一日に数杯は飲んでいました。アイランドタワークリニック

朝の目覚めの一杯から始まって、夜の憩いの時間に楽しむ最後の一杯まで、コーヒーの香りと味わいを堪能していました。バイク 売る

コーヒー好きが高じて自分でコーヒー豆を何種類か揃えてブレンドして挽いていました。エンターテイメント

ある時、好きなイギリスの女性作家の推理小説にハマっていた時期があり、その人の作品ばかり読んでいました。化粧下地

もちろん、大好きなコーヒー片手にです。

イギリスの作家なので、小説の中に出てくるのは紅茶とおいしそうなお菓子ばかりで、その描写の仕方が実に美味しそうなのです。

紅茶にジャムやハチミツをつけたスコーンを味わうイギリス風のティータイムにはとても憧れたものでした。

だんだんそのイギリススタイルのお茶の時間に影響されるようになり、いつしか私もこの女性作家の作品をどんどん読んでいくうちに紅茶好きになっていたのです。

今でもコーヒーはたまに楽しみますが、苦味のない紅茶の方が肌に合うようになりました。

  • Copyright © 2012 www.hn-sound.info All Rights Reserved.