車を所有する方ならば承知だのはずですが、自動車税という税金の納税義務があります。80-7-129

それで自動車税は愛車の買取の際に当たり前に返還されるものなのです。80-12-129

このような事は実際やると直ぐに理解できますが、それでは一つずつ順を追って詳細に説明します。80-4-129

当たり前ですが注意書きさせて頂けば、国内のメーカーの自動車だけでなく外車等も税金が還付される範囲に決まってます。80-15-129

もちろん愛車もそうです。80-20-129

車のオーナーが払わなければいけないもので、この金額はクルマの排気量により決められています。80-10-129

1リッター以下のであれば29500円となり、1リッターより上で1.5リッターの場合34500円です。80-16-129

これ以降は500ccずつ5000円増えます。80-13-129

それからこの金額は4月1日の時点のオーナーが年度内の自動車税を納付する義務となっています。80-19-129

先払いということですから自動車を買取してもらって所有権がなくなった際には先払いした分の税金は返還されるんです。80-17-129

自動車税は事前納付で来年3月までの税金を支払いますので一年以内に車を手放した際は、買い取った保有者が税金を支払わなければいけないということです。

買い取った相手が専門店ならば、売却した際に所有者が前払いしている分の税額を返してくれます。

つまり、所有権が移った際以降の税金は、新たなオーナーが支払わなければならないのです。

例えば10月の間に自動車を手放した際は、11月以降翌年3月いっぱいまでの税金は還付されます。

というのも前述した通り自動車税の場合は一年分を先に支払っているということからも明らかです。

まとめると、あなたは売却相手に払いすぎたお金を返金してもらうということなのです。

個人間で車を手放す際に、何気にこの事実に気付かない方がよくいるので、きちんと確認をとるようにしてください。

自動車税が自動車を手放すと返ってくるという知識をほとんど知られていない事をいいことに、その状況を悪用する買取業者もいるのです。

こちらから返金に関して話を切り出さなければ、全然自動車税のことには言わないという場合もよく聞かれます。

そのため車の買い取りをお願いする場合は、払いすぎたお金が戻ってくるかどうかを確認することをおろそかにしないようにしてください。

Copyright © 2012 www.hn-sound.info All Rights Reserved.